トップページ>海外WiFi基礎知識>シンガポールでの海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

シンガポールでの海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

シンガポール
シンガポールで使える海外WiFiレンタル料金とシンガポールで利用できるWi-Fi接続方法をまとめてみました。

シンガポール向け海外WiFiレンタル

海外WiFiレンタル
海外で使えるWiFiルーターのレンタルサービスで、事前にWEBで申し込むと安くレンタルできます。

人気の理由は、やはり到着後にすぐにWi-Fi(データ通信)が利用できるのと、同行者と1台のWi-Fiルーターを一緒に使えます。使い方は簡単なのでおすすめです。

最新のシンガポール向け海外WiFiレンタル料金は、海外WiFiレンタル料金比較表のページをご覧ください。

最新のシンガポール向け海外WiFiレンタル料金比較表

シンガポールの無料WiFi事情

海外ホテル
シンガポール政府が運営しているWireless@SGが有名です。事前登録制で出発前に登録または到着後にチャンギ国際空港のINFORMATIONカウンターでIDとパスワードをもらえます。Wireless@SGのマークがあるところでWiFiが利用できます。これを利用しなくても、シンガポールの無料WiFiスポットは普及しており、空港、ホテル、コンビニ、カフェなどで利用できます。

シンガポールのプリペイドSIMカード

プリペイドSIMカード
シンガポールのキャリアは、SingTel、StarHub、M1の3社、プリペイドSIMカードは、チャンギ国際空港内の各キャリアのカウンター、両替所や観光案内所などで買えます。プリペイドSIMカードを購入する場合は、パスポートが必要です。

シンガポールパケット定額サービスは香港で使える?

海外パケット定額サービスは、Wi-Fiルーターなど周辺機器を持ち歩かずに日本で使っているスマホをそのまま海外で利用できるメリットがありますが、料金面とデータ容量に不安あり。通常の海外パケット定額サービスの料金は、1,980円から2,980円。現在は、1日定額サービス(980円/日~)もはじまっています。

ソフトバンク
1,980円から2,980円/日の海外パケし放題のみ利用できます。

au
auユーザーですと通話はできませんが、世界データ定額でデータ通信(メール、ネットのみ)が24時間で980円で利用できます。データ容量は、日本で加入されているデータ定額サービスの容量からデータ通信が利用できます。または、海外ダブル定額1,980円から2,980円/日も利用できます。

ドコモ
海外1dayパケ放題が24時間で980円で利用できます。容量が30MB/日で、超過すると通信速度が送受信時最大16kbpsと遅くなるので、緊急用での利用がおすすめです。海外パケ・ホーダイ1,980円から2,980円/日も利用できます。

シンガポールでは、プリペイドSIMカードも簡単に買えますし、無料WiFiも普及しているので、海外パケット定額は、不要だと思います。

トップページ>海外WiFi基礎知識>シンガポールでの海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

ページの先頭へ