トップページ>海外WiFi基礎知識>中国での海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

中国での海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

中国上海
中国で使える海外WiFiレンタル料金と中国で利用できるWi-Fi接続方法をまとめてみました。

中国向け海外WiFiレンタル

グローバルWiFiのWiFiレンタル機器
海外で使えるWiFiルーターのレンタルサービスで、事前にWEBで申し込むと安くレンタルできます。

人気の理由は、やはり到着後にすぐにWi-Fi(データ通信)が利用できるのと、同行者と1台のWi-Fiルーターを一緒に使えます。使い方は簡単なのでおすすめです。

最新の中国向け海外WiFiレンタル料金は、海外WiFiレンタル料金比較表のページをご覧ください。

最新の中国向け海外WiFiレンタル料金比較表

海外WiFiレンタルの口コミレビュー
グローバルWiFi, 中国編
Wi-Ho(ワイホー),中国編
エクスモバイル,中国編

中国の無料WiFi事情

ホテルWi-Fi
中国は、空港、鉄道駅やホテル、カフェなどで無料のWiFiが利用できるところは、接続が安定しません。都市部以外では無料WiFiは利用できないところが多いので、海外WiFiレンタル、プリペイドSIMカードは、出発前に用意しておきましょう。

中国のプリペイドSIMカード


SIMフリーのスマートフォンをお持ちの方は、一部の空港でプリペイドSIMカードを買えます。市内のキャリア店舗ですと、英語が通じるかどうかの問題があります。中国の携帯キャリアは、China Mobile、China Unicom、China Telecomになります。

私の場合は、いつもアマゾンで香港China UnicomのプリペイドSIMカードを買っていくことが多いです。今のところ、香港系のSIMカードなら本土でアクセスできないGoogle関連のアプリも利用できます。

海外パケット定額サービスは中国で使える?

海外パケット定額サービスは、Wi-Fiルーターなど周辺機器を持ち歩かずに日本で使っているスマホをそのまま海外で利用できるメリットがありますが、料金面とデータ容量に不安あり。通常の海外パケット定額サービスの料金は、1,980円から2,980円。現在は、1日定額サービス(980円/日~)もはじまっています。

ソフトバンク
1,980円から2,980円/日の海外パケし放題のみ利用できます。

au
980円/日の世界データ定額が利用できませんが、海外パケット定額は利用できます。auの特徴は、データ容量は、日本で加入されているデータ定額サービスの容量からデータ通信が利用できます。または、海外ダブル定額1,980円から2,980円/日も利用できます。

ドコモ
海外1dayパケ放題が24時間で980円で利用できます。容量が30MB/日で、超過すると通信速度が送受信時最大16kbpsと遅くなるので、緊急用での利用がおすすめです。海外パケ・ホーダイ1,980円から2,980円/日も利用できます。

中国本土へ旅行または出張される方は、現地での調達は言葉の問題もあり難しいので、日本でWiFi環境を用意されることをおすすめします。

トップページ>海外WiFi基礎知識>中国での海外WiFiレンタルなどWi-Fi接続方法まとめ

ページの先頭へ