トップページ>海外旅行の持ち物>海外旅行保険について

海外旅行保険について

海外旅行保険
海外旅行保険は、ご存知のように渡航先で盗難、病気、事故などのトラブルが生じたときに補償をしてくれる保険です。海外旅行保険が付いているクレジットカードも多いですが、カードによっては補償内容が十分ではないことが多いため、特に旅行日数が長い場合や現地の治安と環境が悪い地域の場合は、別に海外旅行保険に入ったほうがよいでしょう。

まずはクレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合はその内容を確認し、不十分だと感じたら、海外旅行保険の加入を検討しましょう。また、クレジットカードに付帯されている保険については、加入されているカードにより自動付帯と利用付帯があります。

自動付帯は、持っているだけで海外旅行保険が付帯されますが、利用付帯は、ツアー代、航空券代、空港までの電車賃などを利用しないと、保険が適用されませんので、自分のカードが自動付帯または利用付帯どちらかを確認しておきましょう。

ちなみに海外旅行保険ではフリープランもありますので、クレジットカードの補償内容を確認し、必要だと思う補償のみ加入する方法がおすすめです。海外旅行保険はインターネット経由または空港で申し込むことができます。渡航先、日数により保険料が変わります。海外旅行保険の主な補償内容について以下まとめました。

傷害治療費用
渡航先での病気やケガをしたときの治療費を補償してくれます。

疾病治療費用
渡航先で病気になったときに病院でかかった治療費を補償をしてくれます。

入院一時金
ケガと病気で2日以上入院した場合に支払われます。

傷害死亡・後遺障害
渡航先でケガがもとで死亡したり、障害など後遺症が残った場合の補償をしてくれます。

疾病死亡
渡航先で病気が原因で死亡した場合に支払われます。

携行品損害
カメラなど所持品を盗まれたり壊された場合に補償してくれます。

賠償責任
渡航先で他人にケガをさせたり物品をこわした場合の賠償金を補償してくれます。

救援者費用
渡航先で病気やケガで入院するなどで、家族、親族らが現地に向かう際のかかる交通費・滞在費の補償をしてくれます。

航空機寄託手荷物遅延費用
航空機が遅れて荷物が届かない場合、身の回り品など費用を補償してくれます。

航空機遅延費用
航空機が遅延・欠航して代替機を利用できない場合の宿泊費や飲食費などを補償してくれます。

海外での病気や入院は、考えられないほど高額な医療費がかかるのは事実ですので、海外へ行かれる場合は出発前に加入しておきましょう。また、盗難などにあったら、海外旅行保険に”携行品損害”の補償が有る場合、面倒ですが、忘れずに現地の警察で盗難証明書を発行してもらいましょう。
海外旅行の持ち物とコツの記事一覧
パスポートの申請と更新方法
スーツケースの賢い選び方
おすすめの海外旅行の持ち物
ノイズや騒音で最も効果がある高遮音イヤホンは?
・海外旅行保険について
国際空港でのチェックイン方法
海外ホテルのチェックイン方法
トップページ>海外旅行の持ち物>海外旅行保険について

ページの先頭へ