トップページ>海外旅行の持ち物>国際空港でのチェックイン方法

国際空港でのチェックイン方法

ユナイテッド航空
空港でのチェックインの方法について説明します。ただ、最近は、チェックイン機が空港に設置されていますので個人旅行などの場合は待ち時間も少なく便利です。ツアーの場合は、指定の集合場所に向かいましょう。

国際便の場合は、出発時刻の2時間前までにチェックインを済ませなければ成りません。特に成田空港など国際空港は、混雑しますので早めに到着するようにしましょう。

■空港に到着
空港に到着したら出発ゲートへ向かいましょう。成田空港でしたら第1ターミナルと第2ターミナルがありますので予約した航空会社のターミナルとチェックインカウンターを調べておきましょう。

■荷物検査
チェックインカウンターに入る前にスーツケースのX線検査があります。

■チェックイン
チェックインの時は、パスポートと航空券、マイレージカード(お持ちなら)を提出する。

座席指定を予約時にしていない場合は、通路側が空いているかどうか確認しましょう。搭乗券とバゲージタグを航空券に貼り付けてもらいます。

無事にチェックインが終わったらゲート番号と時刻を確認しておきましょう。帰りの便の座席も予約されているかどうかも念のため確認しておきましょう。

*最近は、自動チェック・イン機も設置されているので時間を節約したい場合は利用しましょう。しかし、自動チェックイン機でも預ける荷物がある場合は専用のカウンターまで持っていかなければなりませんので、そこで混雑しているときがあります。

■両替と保険
時間があれば、買い物をしたりカフェで飲み物を飲んだりして時間を潰してもよいでしょう。

現地到着が夜間の場合は、現金を現地通貨に両替しておくと安心です。トラベラーズチェックは、現地で両替したほうが手数料がお得です。海外旅行保険に加入していなければ、空港で加入しておきましょう。

■出発ゲート
混雑状況を見て、早めに済ませましょう。手荷物検査(セキュリティーチェック)のゲートを通り、出国審査を済ませると、免税店で買い物ができます。

■搭乗
出国審査を済ませたらゲート番号をもう一度確認しておきましょう。搭乗開始は、出発の30分前くらいですが変更される場合も多いですが時間が近くなったらゲートの近くで待っていましょう。

搭乗開始のアナウンスが流れたらエコノミークラスの場合は、最後になりますが、荷物が多い場合は、早めに並んで荷物置き場を確保しましょう。

セキュリティチェックをスムーズに通る方法

空港でチェックイン後、出発ゲートに向かうため、パスポートコントロール前に行うのが、セキュリティーチェック(手荷物検査)です。このセキュリティチェック(手荷物検査)は、空港で最も混雑する場所です。

小銭など金属類をポケットから出し忘れてひっかかる人や機内に持ち込みできない液体などを持ち込んで注意されている方もよく見かけます。

ご存知のように、セキュリティーチェックは、金属類に反応しますので、検査前には小銭、財布、時計、携帯電話などはバックに入れるか、検査前に置かれたかごに入れます。

わたしの場合は、バッグに入れたほうが安全なので、財布や携帯電話は、事前にバッグ(手荷物)にしまっています。

ノートパソコンを持っていかれる方は、は単独で検査されるため、バッグから取り出して他の持込荷物とは別のかごに入れて赤外線に通さなければなりません。

あとベルトのバックル部分ですが、日本の場合は反応しないことが多いので外しませんが、中国など国によってはベルトのバックルなど金属に反応するところもあります。

もちろん、機内に持ち込めない液体などは、持ってこないようにしましょう。セキュリティコントロール前にペットボトルなど持ち込めない荷物用のごみ箱も設置されています。

ちなみに渋滞などやむを得ず遅れて空港に到着し、急いでいるときは、係員に事情を説明すれば、優先的にセキュリティーチェックを受けることができます。
海外旅行の持ち物とコツの記事一覧
パスポートの申請と更新方法
スーツケースの賢い選び方
おすすめの海外旅行の持ち物
ノイズや騒音で最も効果がある高遮音イヤホンは?
海外旅行保険について
・国際空港でのチェックイン方法
海外ホテルのチェックイン方法
トップページ>海外旅行の持ち物>国際空港でのチェックイン方法

ページの先頭へ