トップページ>海外WiFi基礎知識>SIMフリーのスマホやWiFiルーターを海外で使用する場合

SIMフリースマホやWiFiルーターを海外で使用する

SIMフリーXperia Z Ultraと中国プリペイドSIMカード
このサイトでは、海外用WiFiルーターのレンタルを中心にまとめていますが、少しハードルが高いのですが、SIMフリーのスマートホンやモバイルWiFiルーターを持っていき、現地空港または街中で対応したプリペイド式のSIMを購入する方法についてまとめています。

国によっては空港で購入できたりしますが、現地で購入する場合は、サービス内容を理解できるほどの簡単な英語力が必要になります。そのため、出発前に販売場所、料金プラン、機種別の設定方法を調べておく必要がありますね。

この方法ですが、渡航回数が多い方、同じ国へ何度も行かれる方、長期滞在される方、いろいろな国を周遊されている方は、料金が安い場合おすすめです。

国内でもSIMフリーのスマホの普及が進んでいます。出発前にSIMフリースマホやWiFiルーターを購入される場合は、国内のAmazon(アマゾン)などのネットショップからでも購入できます。日本国内でもSIMフリーのスマホを買って、格安SIMカードを利用されている方も増えていますからね。

ベトナム・ハノイへ出張した時は、空港でプリペイドSIMが販売しているお店があり、そこで滞在日数を聞かれた後にSIMカードを設定してもらい、持参したWiFiルーターに入れてもらいました。
ベトナムのVittelのプリペイドSIMカードを買った時の写真
ベトナムのVittelのプリペイドSIMカードを買った時の写真

ベトナムの場合、空港でプリペイドSIMカードを買えば、使用できるまで設定してくれると楽ですが、自分で認証作業をする場合の注意点としては、国により利用開始するときにSMSでの送信と受信をする必要があるので、SIMフリーのスマホでしたら大丈夫ですが、WiFiルーターのみ利用する場合、管理画面からSMSの送受信ができるものを持っていきましょう。上記写真の Avoxのルーターは、管理画面からSMSの送受信が可能です。

プリペイドSIMカードは、購入しやすい国とプリペイドsimを入手するのが難しい国も多いのが事実です。日本でSIMカードを買う方法もありますが、設定に自信がない方はあまりお勧めしません。

私は、空港や駅で簡単にプリペイドSIMが買えるなら、予備の通信手段としてSIMフリーの端末を持っていきますが、このサイトで紹介している海外用のWiFiルーターをレンタルをメインの通信手段として利用しています。

メリットは、空港で受取と返却ができますし、到着後スイッチを入れて接続するためのパスワードを入力すれば、すぐに利用できますし、友人や同僚が一緒なら費用を割り勘にすれば、料金もそれほど気にならないためです。

今は、海外での通信手段も選択肢が増えていますので、あなたの予算や出発前に調べた後に現地でのWiFi接続方法を選びましょう。 海外まで行ってネットは利用しない、音信不通になりたい(笑)、ホテルでメールができれば十分という方もいると思いますが、緊急用の連絡手段として、このサイトに書かれているいくつかの通信手段を確保されることをお勧めします。
海外WiFi基礎知識関連記事一覧
・SIMフリーのスマホやWiFiルーターを海外で使用する場合
海外無料WiFiスポットの危険性と対策について
海外WiFi(インターネット接続)でよくある質問
海外でもWiFi環境でメールを送受信するには
海外携帯電話のレンタルについて
トップページ>海外WiFi基礎知識>SIMフリーのスマホやWiFiルーターを海外で使用する場合

ページの先頭へ