トップページ>海外WiFi基礎知識>海外携帯電話のレンタルについて

海外携帯電話のレンタルについて


海外滞在時、まだ日本と同じように使えないのが電話ですね。国際ローミングに対応した携帯電話なら海外からでも日本に電話ができますが、問題になるのが通話料と着信料も必要になってきます。あと、回線が安定しないので電話の途中で切れてしまう場合もあります。

それでは、海外用携帯電話のレンタルはどうかというと、海外対応の携帯電話と通話料と着信料については大きな差はありませんが、課金が分ではなく秒単位となるのでトータル金額が安くなる可能性が大きいでしょう。

また、現地の回線を使うので国際ローミングよりも回線の安定性はあります。電話の機種はメールもできない携帯電話となるので電話のみ利用される方におすすめです。

ポイントをまとめると以下のようになります。

・上で書いたように海外用携帯電話レンタルしたほうが回線が安定しています。

・到着後すぐに使えます。

・レンタルの場合は、業者により本体レンタル料、通話料を請求されます。そしてオプションとして紛失や破損に対しての補償パックも用意されています。

・電話番号は事前に連絡してもらうことができます。

・盗難に遭った場合は業者にすぐ連絡して回線を停止、代替え品の発送をしてくれる業者もあります。自分の携帯やSIMフリーの携帯を盗まれた場合は不正利用をされる可能性もありますし、再度電話を購入しなければなりません。

・料金は秒単位なので海外対応の携帯電話の通信費用より安くなる場合が多い。


おすすめする海外携帯電話のレンタル業者
テレコムスクエア:海外携帯電話大手です。本体レンタル料金は無料です。
グローバルセルラー:本体レンタル100円/日でレンタルできます。

海外携帯電話のレンタルに向いている方は、たまに海外に行かれる方、電話しか利用しない方、緊急用で持っていきたい方におすすめです。逆に長期滞在、長期出張される方はSIMフリーの携帯電話とプリペイドSIMを日本または現地で買った方が良いでしょう。

料金を考えると、メール、チャット、ネット接続がメインの方は定額制の海外用ルーターをレンタルした方が良いでしょう。

IP電話ができるWiFiルーター

海外WiFiレンタルのJetfi(ジェットファイ)のWiFiルーターでしたら、「Jet-phone)というIP電話も利用できます。

Jetfi(ジェットファイ)のWiFiルーター

特徴は、以下になります。
・海外用WiFiルーターとしても利用できます。

・スマホ用の充電器としても利用可能です。

・SIMカードが2枚まで利用できます。

・jet-phoneは、オプションサービスで180円/日で利用できます。

・jet-phoneと日本国内の固定電話・携帯電話で話し放題。jet-phoneの電話番号は、利用期間のみ有効となります。

・日本からjetfi(jet-phone)へ発信する場合、通話料(国内料金)は発信元が負担しなければなりません。料金の目安は、一般電話から約9円/3分、携帯電話からは、約18円/1分です。海外の電話、携帯電話へはかけることができません。

・渡航先でjet-phoneユーザ同士の通話が可能。


利用可能国(約40カ国)
【アジア・中東】
韓国、香港、タイ、台湾、シンガポール、マカオ、カタール、バーレーン、イスラエル

【ヨーロッパ】
ドイツ、イタリア、スイス、イギリス、スペイン、オーストリア、トルコ、クロアチア、チェコ、オランダ、ベルギー、ロシア、ポーランド、フィンランド、ハンガリー、ポルトガル、スウェーデン

【北中南米】
米国(ハワイ、グアム、サイパン含む)、カナダ、ブラジル、ペルー、パナマ

【オセアニア】
オーストラリア、ニュージーランド

jet-phone公式サイト
海外WiFi基礎知識関連記事一覧
SIMフリーのスマホやWiFiルーターを海外で使用する場合
海外無料WiFiスポットの危険性と対策について
海外WiFi(インターネット接続)でよくある質問
海外でもWiFi環境でメールを送受信するには
・海外携帯電話のレンタルについて
トップページ>海外WiFi基礎知識>海外携帯電話のレンタルについて

ページの先頭へ