トップページ>海外WiFi基礎知識>海外でもWiFi環境でメールを送受信するには

海外でもWiFi環境でメールを送受信するには

スマホ画像
このページでは、海外滞在時でもWiFi環境でメールを送受信する方法についてまとめています。

インターネットの接続は、暗号化されたWiFiスポット(ホテルやカフェなど)や海外でも利用できるWiFiルーター経由がおすすめです。

私は、ソフトバンク回線のiPhoneとiPadを海外へ行くときに持っていきますが、MMSメール(xxx@i.softbank.jp)以外にプロバイダーのNiftyメール、独自ドメインのメール2つを設定しています。

設定方法は、パソコン同様にPOPとSMTP, サーバーポートを587にしています。ご参考までにNiftyとBiglobeの設定方法は以下のリンクをご覧ください。

Nifty

http://support.nifty.com/support/manual/mail/

Biglobe

http://support.biglobe.ne.jp/settei/mailer/sm-iphone/iphactset.html

GmailやYahooなど無料メールなら設定→メールから指示通り設定すれば簡単です。海外パケット定額や有料WiFiスポットではない限り、海外で機内モードのままでWiFiに接続していれば、パケット料金もかからないので、無料で送受信ができます。

もちろん、WiFi環境ならLINE, SKYPEもできますし、私が良く利用している050+もWIFI環境で問題なく利用できるので便利です。

注意点は、やはり機内モードにしておくことが大切です。ちなみに海外パケし放題など海外パケット定額サービスを利用する場合は、日本時間を基準に1日1,980円~2,980円/日かかります。iPhone及びandroid用アプリもあります。私は、他のネット接続ができないときに利用したことがあります。
海外WiFi基礎知識関連記事一覧
SIMフリーのスマホやWiFiルーターを海外で使用する場合
海外無料WiFiスポットの危険性と対策について
海外WiFi(インターネット接続)でよくある質問
・海外でもWiFi環境でメールを送受信するには
海外携帯電話のレンタルについて
トップページ>海外WiFi基礎知識>海外でもWiFi環境でメールを送受信するには

ページの先頭へ