BOSE ノイズキャンセリングイヤホン海外出張のときは、SHUREなど高遮音のイヤホンを持っていくことが多かったのですが、長時間のフライトだと耳の穴の中がかゆくなったりするので、久々にノイズキャンセリングイヤホンを買うことにしました。

最初は、SONYのノイズキャンセリングハイレゾ対応カナルイヤホン(MDR-EX750NA-B)を買おうと思いましたが、ハイレゾ対応の機器がないですし、ノイズキャンセリングは、SONYよりもBOSEのほうが高いとどこかのレビューで書いてあったので、値段はSONYの倍くらいしましたが、BOSE製のQuietComfort20(ノイズキャンセリングイヤホン)を買いました。

充電も乾電池ではなくUSB充電になりましたし、Awareモードも搭載されているので、周囲の音が聞き取りやすいです。特に機内でキャビンアテンダントさんと話すときにいいかも。

今まで使っていた高遮音イヤホンですと、飲み物を注文するにもイヤホンを外して話していたので。音質もかなり良く、さすがBOSEという感じです。どのジャンルの音楽もバランスよく聴こえます。

気に入らないところとしては、コントローラーの位置が良くない。

BOSE ノイズキャンセリングイヤホン

コントローラーからイヤフォンジャックまでのコードが短いので、パソコンやスマホで動画を観るときにコントローラーがブラブラするので接触不良にならないか心配になります。延長コードを使うしかないですが、高い商品なので気を使いますね。

気になるノイズキャンセリングの効果は、ベトナムへ出張したときに使いましたが、ノイズキャンセリングの効果は、かなりありました。

ただ、外部からのノイズや騒音は、やはりSHUREの高遮音イヤホンのほうが高いです。ただ、イヤーパッドの装着感がいいので長時間のフライトも疲れないと思います。おすすめです。

>>BOSEノイズキャンセリングイヤホン